うつ病の悩みは病院に相談あの頃の自分にもう一度

精神科や心療内科でうつ病の検査を受ける│症状について調べよう

心に起こる病気とは

女医

うつ病の原因は人間関係や環境の変化などのストレスが影響しています。ほかにも過労や睡眠不足、遺伝、薬物、出産などが考えられます。症状は肉体的なものと精神的なものがあり、本人が病気に気づかないこともあります。会社ではストレスチェックを行い、病気の予防や改善に努めているところもあります。

More...

メンタル不調社員への対応

笑顔の女性

職場のメンタルヘルス問題が社会で大きく取り上げられるようになりました。精神疾患の発症で最も多いのはうつ病で、いったん症状が出ると回復まで相当な時間がかかります。それだけに会社は管理職による部下の管理を徹底させるなどの配慮が必要です。

More...

うつは病院で治療しよう

看護師

うつ病は、憂鬱や不安感など精神的な不調と、頭痛や不眠など身体的な不調も起こります。精神科などの病院では、その人の症状に合った治療を行うので人気となっています。周囲の方も、うつ病に関する知識や治療方法を知る事によって助けてあげる事ができます。一般的な治療は、休息と精神科などの病院での治療になります。

More...

うつ病になってしまうと

悩む男性

うつ病と診断された患者さんには様々な症状がでます。うつ病は精神が大きく関わってくる病気ですので、症状も精神的内容によって変わってきます。症状の1つに抑うつというものがあり、これは常にネガティブな考え方しかできなくなってしまいます。急に悲しくなって涙を流して意気消沈したり、周りのことを気にして焦ったりするなどの症状がありますので注意してください。他にも疲れが回復しない日が続く、ちょっとしたミスで自分を責めてしまい自分に価値がないなどのことを考えてしまいます。このような症状は、調子が悪いだけと判断してしまいうつ病だと自覚することは難しいため、多くの人が見逃しがちです。うつ病だと気づいた時には、重度の症状が発症していることが多いので少しでもうつ病の症状があると思ったらすぐに、専門の病院へ行って検査を受けるようにしてください。ほとんどの人が勘違いだと決めつけて、病院で検査を受けようとしない人がいます。本当に勘違いなら不安を解消することができますが、うつ病と診断されたならば、すぐに治療を行なえば早い段階で症状を和らげることができるはずです。うつ病にならないようにするためには、うつ病はどのような病気なのか知ることが大事です。何が原因でうつ病になるのか知っていれば、それに注意して発症することを防ぐことができます。また、症状についても知っておけば自分がうつ病かどうか判断することができます。症状は内面だけでなく身体にも現れてしまします。眠りたくても眠ることができないという睡眠障害や、食事を摂らなくなったり摂り過ぎたりするなどの症状、血行障害による身体の痛みやしびれなどがあります。このような症状が自分の身体に起きた場合は、勘違いだと思わずに検査を受けるよう心がけてください。うつ病の症状について知っておけば、自分だけでなく家族や友人、同僚がうつ病だった場合にサポートすることができるでしょう。

早期治療が大切

カウンセリング

うつ病の症状は身体的なものと精神的なものの2つに分けることが出来ます。治療には時間がかかりますので、医師としっかりと話し合った上で、治療を行なうことが大切になります。症状が軽いうちに治療を開始するようにしましょう。

More...

なかなか難しい病気です

女医

うつ病は、なかなか自覚症状がなく、早期に治療に取り掛かるのが難しい病気です。自分にしても他人にしても様子がおかしくなったら、人とコミュニケーションをとって悪化を防ぐことが大切です。病気になっても悲観せずに、必ず治ると信じて、ポジティブに考えていけるようにすることが大切です。

More...