女の人

精神科や心療内科でうつ病の検査を受ける│症状について調べよう

メンタル不調社員への対応

笑顔の女性

急増するメンタル不調社員

社員が精神疾患を発症するなど、職場におけるメンタルヘルス問題が社会で大きく取り上げられるようになってきました。精神疾患の中で最も多いのはうつ病です。うつ病とは気分障害の一種であり、抑うつ気分、不安や焦燥、判断力や意欲の低下、食欲不振、不眠などの症状がよく知られるところです。また、いったんうつ病に罹患すると、うつ病の症状が回復するまでには相当な時間がかかりますし、いったん症状が回復したように見えても、すぐに元に戻ってしまう様なことが往々にしてあります。在職中にうつ病に罹患するのは、採用前から既往歴がある様なケースもありますが、多くは職場での出来事に起因して発症しており、まじめで几帳面な性格の人ほどうつ病になりやすい傾向にあります。社員がうつ病を発症した場合、会社の戦力が低下してしまうだけでなく、社員本人や家族から会社の安全配慮義務違反を追及され、多額の慰謝料を請求されることがありますし、訴訟になった場合、会社側に非があると判断されることも少なくありません。

発症を予防する為には

それだけに会社は従業員がうつ病になってしまわないよう、配慮を欠かさないようにしなければなりません。予防を行うにあたっては、常日頃から社員のささいな変化を見逃さないようにする態度が必要です。うつ病に対する会社の対応でもっとも重視しなければならないのは「ラインケア」(上司が部下をケアすること)です。管理監督者である上司は部下である社員につねに目を配り、何かあった場合には積極的に声をかけるようにします。その上で、職場の改善が必要であれば行うようにし、場合によっては産業医への面談を勧めるようにします。もし部下が頻繁に欠勤や遅刻をするようになったり、仕事のミスが増えたり、情緒不安定になったりすることがあれば、うつ病の症状がでる前段階であることが予想されるため、慎重に対応しなければなりません。管理職の中にはメンタルヘルスの知識が欠如している人が多く、うつ病の症状に対して「怠けている」と判断してしまうこともあるため、そうならないためにも研修会を実施する等して管理職のメンタルヘルス教育を徹底することが必要になってきます。